マスメディア・映像・写真系

脚本家

脚本家とは

映画やテレビドラマの脚本を書く
シナリオライター。

脚本家 の仕事内容

映画や演劇、テレビやラジオドラマの脚本を書く仕事。セリフや効果音、シーンの状況などを細かく書き込んでいきますが、ストーリーからオリジナルで創作する場合と、既存の小説やマンガなどの原作からシナリオを書き起こす場合があります。資料収集や現地調査、関係者への取材をして裏づけをとることも重要な仕事です。

脚本家の仕事の現在と将来

本来脚本家は裏方的存在ですが、誰がシナリオを書いたかがヒットのカギを握る場合もあるほど重要な存在。観客動員数を増やしたり視聴率競争に勝つためにも、つねに才能ある脚本家が求められています。CS放送やBSデジタル放送、あるいは今後期待されるインターネット放送など、活躍するフィールドはさらに広がるでしょう。

脚本家になるにはポイント

書き方や映像表現など、基本スキルは専門学校の養成講座で学びます。大学の文学部等でさまざまな文学に触れ、感性を養ったり、さまざまな教養や知識を身につけておくことも作品づくりには大いに役立ちます。日頃から作品を制作会社に持ち込んだり、コンクールに応募したり、自らデビューのチャンスをつかむ努力も必要です。

脚本家には、こんな人が向いている!
    ▼ 文章を書くのが得意
    ▼ 発想が豊か
    ▼ 企画・構成力がある
    ▼ 理解力に優れている
    ▼ 行動力、洞察力に優れている
    ▼ 情報収集するのが得意
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

脚本家

脚本家の情報ならアクセス進学。
脚本家の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、脚本家になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学