マスメディア・映像・写真系

フォトグラファー(写真家)

フォトグラファー(写真家)とは

一枚の写真で時代の瞬間を切り取る、
スチールカメラマン。

フォトグラファー(写真家) の仕事内容

写真を撮る仕事。雑誌や広告で活躍する商業写真家、ルポルタージュで真実を伝える報道写真家、その他結婚式場や写真館で活躍する写真家もいます。得意分野はそれぞれ。商品や人物、自然、料理、建築物、動物、スポーツ、ファッション、さらにアートに至るまで、さまざまな被写体を求めてどこへでも足を運びます。

フォトグラファー(写真家)の仕事の現在と将来

雑誌のグラビアページ、広告写真の増加など、あらゆる場面で写真の必要性が高くなり、フォトグラファーの活躍の場が広がっています。その一方でますます質の高さを問われ、フォトグラファーの競争は激しくなっています。これからは何でも撮れる人より、人と違う何か一つ得意分野を持った写真家が求められるでしょう。

フォトグラファー(写真家)になるにはポイント

誰にでも撮れる写真でも、プロとしての写真を極めるには奥が深く、専門的な知識や技術が必要。まずは大学や専門学校で写真の技術と知識を身につけておきましょう。アシスタントとしてプロの写真家についたり、スタジオに入っていろいろな写真家の撮影助手を務めながらプロを目指す方法もあります。

フォトグラファー(写真家)には、こんな人が向いている!
    ▼ 写真が好き
    ▼ 行動力がある
    ▼ 観察力がある
    ▼ モノを作るのが好き
    ▼ 体力に自信がある
    ▼ 機転が利く
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

フォトグラファー(写真家)

フォトグラファー(写真家)の情報ならアクセス進学。
フォトグラファー(写真家)の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、フォトグラファー(写真家)になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学