マスメディア・映像・写真系

カメラマン(TV・映画)

カメラマン(TV・映画)とは

喜び、怒り、哀しみ、楽しさ。
その一瞬を切り取る、映像カメラマン。

カメラマン(TV・映画) の仕事内容

映画やテレビ、CMなど、映像を撮影・記録する仕事。監督や演出家等の意向に応じた芸術的な画面を作り出していきます。また、報道カメラマンは一瞬一瞬を切り取って記録しなければならず、ミスは決して許されません。例えばスポーツの試合などでは、一流選手と同等の反射神経まで要求されるほどです。

カメラマン(TV・映画)の仕事の現在と将来

映像の世界でも競争が激しくなっていますが、美しい映像や感動的な映像をみたいという人間の欲求はなくならず、今後もセンスある映像のプロは求められるはず。一方、デジタル技術の急速は発達により、新しい映像表現の可能性も広がっています。また、機材の軽量化も進み、ますます女性カメラマンの活躍が期待されています。

カメラマン(TV・映画)になるにはポイント

映像関連の学科を持つ大学や短大、専門学校に進学し、放送局や映画会社、制作会社などに入社します。TVカメラマンの場合ならアシスタントとして経験を積み、4カメ、3カメ、2カメ、そしてチーフカメラマンへと昇進していくのが一般的。学生時代に映像関係の活動をしながら、人間関係を築いておくと将来役に立つでしょう。

カメラマン(TV・映画)には、こんな人が向いている!
    ▼ 映像が好き
    ▼ 行動力がある
    ▼ 忍耐強い
    ▼ 好奇心が強い
    ▼ 運動能力が高い
    ▼ 機転が利く
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

カメラマン(TV・映画)

カメラマン(TV・映画)の情報ならアクセス進学。
カメラマン(TV・映画)の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、カメラマン(TV・映画)になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学