デジタルハリウッド大学(マスメディア・映像・写真系)180925-190630

マスメディア・映像・写真系

放送プロデューサー・ディレクター

放送プロデューサー・ディレクターとは

番組成功のカギを握る、
テレビ・ラジオの制作責任者。

放送プロデューサー・ディレクター の仕事内容

プロデューサーは、番組制作の統括責任者。企画の立案から予算の設定・管理、スポンサーや出演者との交渉まで、資金面・管理面など番組に関するすべての権限を握っています。ディレクターは制作現場の責任者。台本やスタッフの選定、カメラ割り、美術など、多くの制作スタッフを指揮し、時には出演者の演技指導も行います。

放送プロデューサー・ディレクターの仕事の現在と将来

視聴率競争が激しいテレビ業界では、今後も、視聴率を上げられる斬新な企画を打ち出せるようなクリエーターのニーズがますます高まってくるでしょう。2010年に本格的に移行するデジタル放送に伴い、多チャンネル時代がやってきます。新技術を生かした効果的なアイディアも大いに期待されています。

放送プロデューサー・ディレクターになるにはポイント

映像系の学科やコースで関連知識を身につけ、テレビ局か番組制作会社に就職。ADとして現場経験を積み、ディレクターとなって現場を任され、さらに昇格してプロデューサーになるというパターンが一般的です。ただ、テレビ局の場合、希望の職種に就くのは難しく、番組制作にこだわるなら、プロダクションへの就職が早道。

放送プロデューサー・ディレクターには、こんな人が向いている!
    ▼ テレビが大好き
    ▼ リーダーシップがある
    ▼ チャレンジ精神に富んでいる
    ▼ 知的好奇心が旺盛
    ▼ 流行に敏感だ
    ▼ 探求心が強い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

放送プロデューサー・ディレクター

デジタルハリウッド大学(マスメディア・映像・写真系)180925-190630
放送プロデューサー・ディレクターの情報ならアクセス進学。
放送プロデューサー・ディレクターの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、放送プロデューサー・ディレクターになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学