デジタルハリウッド大学(マスメディア・映像・写真系)180925-190630

マスメディア・映像・写真系

DTPデザイナー

DTPデザイナーとは

雑誌や書籍、ポスターを魅力的にレイアウトする、
編集界のグラフィックデザイナー。

DTPデザイナー の仕事内容

コンピュータ上で雑誌や書籍などの出版物、カタログやチラシなど主にページものの印刷物をデザインする仕事。編集内容に従い、DTPソフトを使って全体のページ構成やレイアウト、写真やイラスト、文字の大きさや書体、位置などを決めていきます。最終の印刷前に行う色校とよばれる確認作業も重要な業務です。

DTPデザイナーの仕事の現在と将来

編集やデザインに関する知識やセンスのほか、印刷に関する知識、コンピュータやソフトウェアを使いこなすスキルが必要ですが、業界の技術革新が早いため、つねに新しい技術を身につけていかなければなりません。現在、多くの印刷物がDTPによって制作されているため、今後もDTPデザイナーのニーズは高いと言えるでしょう。

DTPデザイナーになるにはポイント

デザイン会社や印刷会社、広告代理店や編集プロダクションが主な就職先。とくに必要な資格はありませんが、主流のDTPソフトや、画像処理ソフトを使いこなすスキルは必須。芸術系の大学や専門学校、パソコンスクールなどでコンピュータやソフトの操作技術、DTPの総合的な知識や技術を身につければ就職に有利です。

DTPデザイナーには、こんな人が向いている!
    ▼ デザインセンスがある
    ▼ 協調性がある
    ▼ 整理能力が高い
    ▼ リーダーシップがある
    ▼ 集中力がある
    ▼ 根気強い方だ
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

DTPデザイナー

デジタルハリウッド大学(マスメディア・映像・写真系)180925-190630
DTPデザイナーの情報ならアクセス進学。
DTPデザイナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、DTPデザイナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学