日本薬科大学20180401-20190331

医療・医療技術系

医療管理秘書士

医療管理秘書士とは

医師や看護士をサポートする、
メディカルセクレタリー。

医療管理秘書士 の仕事内容

高い情報処理能力を活かし、医師、あるいは医学部教授、総合病院の医院長、医局長、総看護士長など、おもに病院の管理職が、本来の医療業務に没頭できるように秘書としてサポートする仕事。複雑多岐に渡る医療業務を把握し、円滑に遂行させる補佐役として、また医療業務全体のパイプ役として、重要な役割を果たします。

医療管理秘書士の仕事の現在と将来

IT化など医療業界の革新は進んでいますが、医療制度そのものが専門化、複雑化してきているため、事務作業を分業化し、効率的に病院経営を行う必要があります。また、高齢化社会が進み診療に訪れる患者数が増え続けているため、今後も医療事務、特に専門能力の高い医療管理秘書士の活躍する場はますます増えてくるでしょう。

医療管理秘書士になるにはポイント

(財)日本病院管理教育協会の教育指定校で指定科目を履修後、医療秘書検定に合格し学校も卒業できれば、医療管理秘書士の認定証を得ることが可能。総合病院から医院・クリニックまで、幅広い就職先が期待できます。また、医療事務として兼務するケースも多いので、医療事務検定も取得しておくと、活躍の幅が広がります。

医療管理秘書士には、こんな人が向いている!
    ▼ 先に相手の気持ちを考える
    ▼ 医療の現場で働きたい
    ▼ 世話好き
    ▼ 時間を守る
    ▼ 粘り強い
    ▼ 几帳面な性格だ
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

医療管理秘書士

日本薬科大学20180401-20190331
医療管理秘書士の情報ならアクセス進学。
医療管理秘書士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、医療管理秘書士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学