ファッション系

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターとは

色が与える心理的影響力は大。
色のプロとしてあらゆる場所で活躍!

カラーコーディネーター の仕事内容

様々な場面で色が与える効果を考えながら最適な色の組み合わせを提案する仕事です。ファッションアイテムやメイク、店舗やディスプレイなどの色の組み合わせを提案することも。また企業のテーマカラーや商品のイメージカラーの提案、建築物やインテリアでの空間配色のプロデュースを行うこともあります。

カラーコーディネーターの仕事の現在と将来

色が与える心理的な影響が一般的に認められるようになり、様々なビジネスでその効果が利用されるようになってきています。こうした色がつくりだす現象を巧みに組み合わせて、目的に沿った色の演出を行なうことができるカラーコーディネーターに対する需要は、今後ますます高まっていくといえるでしょう。

カラーコーディネーターになるにはポイント

美術系の大学や専門学校で色彩に関する専門的な知識を学習した後、「カラーコーディネーター検定」を取得しておくと有利です。就職先はアパレルメーカーや化粧品会社、カラーコンサルティング会社、デパートやショッピングモールなどさまざま。独立してフリーで活動したり、色彩セミナーの講師をしたりする人もいます。

カラーコーディネーターには、こんな人が向いている!
    ▼ 洋服のコーディネートをほめられたことがある
    ▼ 流行が気になる
    ▼ 聞き上手だといわれる
    ▼ 心理学に興味がある
    ▼ 人と接するのが好き
    ▼ フットワークは軽いほうだ
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

カラーコーディネーター

カラーコーディネーターの情報ならアクセス進学。
カラーコーディネーターの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、カラーコーディネーターになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学