ファッション系

スタイリスト

スタイリストとは

ファッションで表現者!
流行発信の大きなやり甲斐。

スタイリスト の仕事内容

雑誌やテレビ、映画などの撮影のために、目的に合ったファッションやアクセサリー、演出のための小物などをコーディネートする仕事です。必要なアイテムを調達し、撮影現場ではモデルやタレントの服装のチェックを行います。ショップやブランドに協力してもらい、予算内に収めるためにも幅広いファッション知識が必要です。

スタイリストの仕事の現在と将来

スタイリストが創り出すコーディネートやファッションイメージは誌面やマスコミを通して強い影響力をもつため、まさに流行発信の仕事と言えます。今後も雑誌や広告業界、テレビや映画などで幅広い活躍が期待されます。日本映画界の成長、インターネットでの動画配信などを背景に、活躍の場の広がりが期待できます。

スタイリストになるにはポイント

スタイリストになるための資格や試験は特にありません。スタイリストの専門学校や大学の服飾関係の学科を卒業後、アパレルメーカーや広告制作会社、スタイリスト事務所などに入社するのが一般的。プロのスタイリストの助手やファッション関連の仕事に就いて、経験を積んだ後に独立するという道もあります。

スタイリストには、こんな人が向いている!
    ▼ 洋服やアクセサリーが大好き
    ▼ 手先が器用
    ▼ 気配りが上手な方だ
    ▼ 人付き合いが好き
    ▼ 細かい作業が得意だ
    ▼ 体力がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

スタイリスト

スタイリストの情報ならアクセス進学。
スタイリストの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、スタイリストになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学