ファッション系

パタンナー

パタンナーとは

デザイン画のイメージを実物に!
ファッションづくりの設計者。

パタンナー の仕事内容

ファッションデザイナーが描いたデザイン画をもとに型紙(パターン)を起こし、量産前の商品サンプルを制作します。平面のデザイン画を立体の洋服にする重要な役割で、パタンナーによって製品のシルエットの良し悪しがも変わってくるため、技術もセンスも必要な仕事です。そのほか生地やボタンのサイズ指定なども行います。

パタンナーの仕事の現在と将来

パターンメイキングも最近ではCAD(製図ソフト)を使用して行われることが多く、基本の型をコンピュータに登録し、そこからバリエーションを加えていくなど、作業の効率化や省力化が進んでいます。そのためパタンナーには服作りの技術や量産するための知識に加え、パソコンの操作能力も求められてきています。

パタンナーになるにはポイント

服飾系の専門学校や大学で学んだ後、アパレルメーカーやデザイナーの事務所などに就職するのが一般的。専門技術・知識が必要なため、アシスタントから始めて経験を積んで一人前のパタンナーになるという流れがほとんどです。資格には(財)日本ファッション教育振興協会主催のパターンメーキング技術検定試験があります。

パタンナーには、こんな人が向いている!
    ▼ 細かい作業が得意
    ▼ 流行に敏感な方だ
    ▼ とにかく洋服が好き
    ▼ 聞き上手だと言われる
    ▼ 几帳面な方だ
    ▼ 物事にじっくり取り組める
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

パタンナー

パタンナーの情報ならアクセス進学。
パタンナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、パタンナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学