教育・保育系

保育・幼児教育

保育・幼児教育とは

さまざまな視点から保育や幼児教育を学び、
子どもにとってより良い環境をつくる学問。

保育・幼児教育ってどんな学問?

子どもの健やかな成長・発達をめざし、保育や幼児教育についてさまざま視点から研究します。教育学との大きな違いは、基本的に小学校入学前の子どもを研究対象とした学問であること。保育士や幼稚園教諭になることを目指して、保育、教育、心理、保健、栄養など専門的な知識を身につけます。保育士や幼稚園教諭の資格取得に必要な専門科目、音楽や絵画、遊びなどの実技科目を学ぶことが特徴です。

保育・幼児教育の現在と将来

子どもたちを取り巻くさまざまな問題に対応していくことが、保育・幼児教育学や保育者に期待される役割です。特に育児放棄、幼児虐待が社会問題となっている最近では、保護者の育児支援なども求められています。高齢化社会、女性の社会進出、一人っ子の増加などの社会環境を踏まえ、現代の子どものたちが抱えている問題を理解し、保護者、地域社会まで含めた幅広い視点で解決方法を模索していくことが期待されています。

保育・幼児教育の学びのやりがい

大人とは大きく異なる子どもの心と体。特に乳幼児期は、人間形成のうえで最も大切な期間だといわれています。子どもが健やかに成長していける環境をつくり、子どもの未来まで支えていけることが保育・幼児教育学の魅力です。少子化対策の必要性が年々高まっている現在。子どもの成長・発達に対しての専門知識、そして豊かな感受性を持った保育者へのニーズがますます高まっています。

保育・幼児教育には、こんな人が向いている!
  • ・子どもが好き
    ・保育士や幼稚園の先生になりたい
    ・子どもと一緒に成長したい
    ・子どもにとってのより良い環境をつくりたい
    ・子育てをしやすい社会をつくりたい
  • この学問を学ぶならこの学校!
この学問を学べる学校
  • 漫画で学問を理解しよう!
この学問を漫画で見る

保育・幼児教育

  • この学問を学ぶならこの学校!
この学問を学べる学校
  • 漫画で学問を理解しよう!
この学問を漫画で見る
保育・幼児教育を学ぶための情報ならアクセス進学。
保育・幼児教育の研究や勉強、将来の仕事、保育・幼児教育部や
保育・幼児教育科に進学するための情報などをご覧いただけます。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

MOBILE APP

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学