祖父母のみなさま

シリーズ「教育資金を準備する」 第6回:進学資金は情報とライフプランを親子で共有して乗り切ろう

2017年03月01日

泳ぐイルカのシルエット

大学や専門学校の費用は、保護者が高校生だった頃の状況とは様変わりしています。進学率が高くなって「みんな」が大学・専門学校生になりますから、多くの家庭で18歳以降の学費が数百万円以上も家計にのしかかります。

受験方法の多様化により、入学手続き時期の早い進学先を選ぶ子どもも増えているため、その分、貯める期間は短くなっています。

保護者は、進学に関する「今」の情報を子どもと共有しつつ、進学費用については子ども以上に確実な情報を持つことが求められます。正しい情報にアクセスして、子どもの進学を確実にサポートしましょう。


■情報は早めに集めて、わが家の状況をチェック



シリーズ「教育資金を準備する」では、大学受験から卒業までにかかる費用高校から大学卒業までに必要な入在学費用海外留学の費用について紹介してきましたが、そこにもあるように、比較的「お高くない」私立文系大学の学校納付金でも4年間で約500万円になります。

出産と同時に貯めはじめれば1カ月あたりの負担は小さくて済みますが、高校入学と同時に貯蓄をはじめ、卒業までに500万円を貯めようとすると、1カ月あたりの貯蓄額は約13万9,000円。大学入学後も貯蓄を続けるとして、入学時に300万円だけ用意するとしても約8万4,000円/月です。

高校時代の、教育費を含めた子育て費用も決して安くはありません。それらを負担しながら、上記の金額を貯めることが、わが家では可能かどうかを早急に計算してみましょう。

進学時にお金が不足するようなら、保護者だけで悩まずに、親子での話し合いを。私立大学希望を国公立に変更したり、給付型奨学金の受給の可能性を探ったり、特待生制度のある学校を調べたりするなど、子どもの学びを実現できる範囲をできるだけ広げるように努めましょう。祖父母に援助をお願いする方法もあり得ます。


■奨学金・教育ローンの利用は、親子のライフプランを見据えて慎重に



子どもが本気で進学を望み、将来の生き方や職業に結び付くと判断できるようであれば、不足額を借り入れることも視野に入れて構いません。

貸与型奨学金や教育ローンの借り入れは、多くの場合、利息が加算されますので、未来の支払額はふくらみます。安易な利用はおすすめできませんが、大学や専門学校で学ぶことで、高校卒業の資格では得られない職業や生き方や収入を手に入れられるのであれば、上手に使えばいいのです。

気を付けるべきは、教育費を借りる段階で、子どもの未来の収入金額は約束されていないということ。奨学金の代表格である日本学生支援機構の申し込みは、高校3年生の春に行われるのが一般的です。返済期間は大学卒業後最長20年間に渡りますから、申込時点から25年間後に返済が終わることになります。25年後まで借金を抱え続ける生活がどのようなものか、子どもに理解させるのは親しかいません。

教育費がどれくらいかかるのかという情報は存在しますが、わが家がどれだけ負担できるのかは、わが家にしかわかりません。情報収集とともに、親子で自分たちの未来を計画していきましょう。




シリーズ「教育資金を考える」 これまでの記事

第1回:教育費ピーク! そんな時こそ家族で老後を見据えた家計を目指す
第2回:家計管理と教育費の準備、ここが一番の頑張りどき
第3回:まったなしの進学費用、わが子の必要金額と必要時期を確かめて、早めの対応を
第4回:もしも教育費を援助してもらえるなら…賢い贈与の仕方~教育費贈与信託
第5回:意外と多い想定外の学費負担。その時慌てないために

[菅原 直子]


菅原直子

■プロフィール 菅原 直子(すがわら なおこ)


ファイナンシャル・プランナー(AFP)、教育資金コンサルタント

会計事務所向けオフコン販売、外資系生命保険会社勤務・同代理店経営を経て、1997年よりファイナンシャル・プランナー。教育資金コンサルタントとして公私立高校での保護者・生徒・教員のための進学資金セミナーおよびライフプラン講座・相談会は250回超。神奈川県を中心に家計や保険の見直しの個人相談も行う。地元湘南地域密着のFP活動も展開中。3男子の母。セミナー記録と子育てを含む日々の雑感は、ブログ「湘南らいふでざいん」でどうぞ。

■著書
共著『子どもにかけるお金の本』(主婦の友社)
『子どもの教育費これだけかかります』(日労研)

■所属団体
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
子どもにかけるお金を考える会 http://childmoney.grupo.jp/
FPライフ湘南 http://shounan.michikusa.jp/


学校情報検索しよう!

  • 大学・短大を探す
  • 専門学校を探す
  • 塾・予備校を探す
  • 学びから学校を探す
  • 将来から学校を探す
  • 進学イベントを探す
  • ラクラク一括資料請求
  • 資料請求コードで一括請求

PR

今すぐチェック!! 編集部オススメ記事

中学高校を探すならこちらから

ページの先頭へ